第50回中学生海の作文コンクール(2016年) 入賞作品

金賞

帝塚山中学校
1年 渡部 有咲

 田舎の祖母の家に行った。祖母は、瀬戸内海に浮かぶ島に住んでいる。海に囲まれ、自然がたくさんあるところで、私は大好きだった。夏休みに田舎に行くと、都会では見られないものがたくさんあり、目の前が海なのでいろいろな体験ができる。例えば、魚釣りや岩場に行くとニシ貝がたくさんとれ、浅瀬では網を持ってヒメハゼすくい。道路にはカニがたくさん歩き、海の近くに行くと、たくさんのフナムシが散らばっていく。すごい大自然が残っていると感じるけれど、田舎の人たちによると、道路の舗装で埋め立てられたり人工海岸を作られたりして、自然が破壊されているのだそうだ。温暖化もあって海水温が上がって海の生物の変化もあるそうだ。便利になる一方で、何かが犠牲になっていく。その島は、海がとてもきれいなので、遠方から島に遊びに来る人もどんどん増えてきている。観光客が増えれば、それだけ自然はよごされていく。海には、ゴミがたくさん浮いていた。そんな中でヒメハゼが泳いでいる姿を見ると悲しく思えてくる。

 海は常に魚や貝類をはじめ、豊かな実りをもたらしてくれる。現に祖母もサザエ、アワビ、カキ等を採り、ひじき、天草、と一年中海産物に恵まれ料理をしている。海と山に囲まれ、自然と生活することを知っている。

 私は自然で採れたものがスーパーに出るまでのことは知らない。

 この夏、一緒に寒天を作った。天草をゆでて、こして砂糖をみかんに加えて大好きな寒天だ。その基になる天草が海からとってきて海水で洗い、干し、四、五回繰り返されるそうだ。昔から伝えられてきた、自然の中での生き方。すごいなと思った。

 私にこんな田舎があってよかった。自然を大切にしたいと思う。

 近年「里海」という言葉が注目されているそうだ。「人手が加わることで生物の生産性と多様性が高くなった沿岸海域」という定義だそうだ。

 豊かな海の復活には、活動の輪を広げ、より多くの人が息長く携わることが欠かせない。

 例えば、近海でとれた魚介類を積極的に買って食べれば、里海づくりを担う漁師らの支えになる。潮干狩りや磯遊びで子どもたちに海の魅力を体験させるのもいい。

 夏になれば海水浴に行きたいと思う。年に一度だけしか海に行くことがないけれど、海の近くにいる人達は一生懸命海を再生しようとしている。日頃、海とかかわらないからと言って無関心でいいわけがない。海水浴に行った時は自分で出したゴミは最低限持ち帰る。自然や自然界に生きる生物への礼儀だと思う。

 1996年から祝日になった海の日は、海洋国として海の恩恵に感謝する日とされている。

 豊かな里海作りが始まっていることを皆に知って欲しいと思う。

このページ先頭へ
入賞者名簿へ