近畿海事広報協会

第36回海の写真コンクール(2015年)入賞作品

多数のご応募ありがとうございました。2015年入賞作品を発表します。

 お陰をもちまして、全国各地から384名・1200点の応募がありました。多数のご応募ありがとうございました。青少年からの応募も毎年増え、子供たちが海への関心を持ってくれることを喜んでいます。今年も青少年の作品1点を追加入選としました。敬称は略させていただきます。

推薦

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。(大きな画像の右側をクリックすると次の画像に移動します。)

近畿運輸局長賞
01
大阪府 脇森茂隆
【ようこそ!!訪日観光へ】

 

 

 

特選

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。(大きな画像の右側をクリックすると次の画像に移動します。)

大阪府知事賞 大阪市長賞
02
03
奈良県 吉村 誠 大阪府 松村光祥
道頓堀エレジー 爽快、港の見晴らしスポットより

 

 

特別賞

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。(大きな画像の右側をクリックすると次の画像に移動します。)

大阪海上保安監部長賞
04
鹿児島県 大社正照
【気合い】

準特選

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。(大きな画像の右側をクリックすると次の画像に移動します。)

大阪商工会議所会頭賞 関西・大阪21世紀協会理事長賞 海遊館社長賞
05 06
07
大阪府 前川敏夫 大阪府 中野英男 大阪府 上田勇司
【巨船接岸】 【おもてなし】 【クリスマスの頃】
日本海事新聞社社長賞 海事プレス社社長賞 近畿海事広報協会会長賞
08 09 10
福岡県 井手 優 宮崎県 松田裕次 京都府 渡邊真己
【胞縛よし!】 【見つめる先には】 【海、大好き!】

入選

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。(大きな画像の右側をクリックすると次の画像に移動します。)

  近畿海事広報協会会長賞
11 12 13
和歌山県 木下 滋 富山県 上田邦男 京都府 吉野耕司
【赤マンボウ】 【庄川峡を行く】 【京都最北端の漁港】
14
15
16
兵庫県 小林 保 愛媛県 山本健太郎 埼玉県 早野由香
【夢をのせて】 【Rope cutting-Ceremony】 【水辺の雛祭り】
17 18
19
神奈川県 吉田 宏 大阪府 山崎隆朗 静岡県 杉本昌弘
【一斉放水】 【琥珀色の港】 【僕らは海上保安官】
20 21 22
三重県 草川 徹 神奈川県 内藤正太郎 高知県 小林哲夫
【のりそだの海】 【夕日のオブジェ】 【出港】
23 24 25
愛知県 玉置良宗 大阪府 山口 茂 大阪府 辻 久男
【勇壮な船団】 【カモの旅立ち】 【水都の春】
26 27 28
奈良県 杉田龍哉 大阪府 柳澤俊彦 大阪府 金生敏郎
【泥の河→水都大阪】 【ひかりのシンフォニー 海・夕・観】 【キリリ!旅立ち(日本丸出港)】
29 30 31
岡山県 伊豫久人 愛知県 河内 聡 岡山県 河口 毅
【楽しい海の学習】 【夢の架け橋】 【また来てねー】

 

32 33
34
大阪府 濵本元博 埼玉県 原澤 宏 兵庫県 浦元義幸
【水陸両用ダックツアー】 【海のエイリアン】 【城と和船】
35 36 37
香川県 斉藤雄治 愛媛県 芝崎静雄 愛媛県 山台雄三
【瀬戸内海の夕景】 【瀬戸の浮橋】 【進水式の朝】
38 39 40
静岡県 谷津和正 大阪府 酒井賢治 愛媛県 藤原利忠
【真冬の遺産】 【夕陽を受けて・サンタマリア号】 【海霧を行く】

入選_青少年

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。(大きな画像の右側をクリックすると次の画像に移動します。)

近畿海事広報協会会長賞
41
福岡県 いしばしももね
【へんしん中!!】

審査員講評

笹田 金吾 氏

総評

 海の写真コンクールは37回となり、今年も多数の方々からの応募があり、応募された方の年層も小学生から高齢者まで幅広く、地域は北海道から沖縄まで日本全国に広がっています。

 応募された作品で、私たちが日常から海や河川からさまざまな恩恵を受けて生活をしているのを感じさせてくれます。

 入賞作品は、海や水との関りが生き生きと捉えられており、特にニュース性のある作品など、総じて変化に富んだ見応えのある内容になっています。

 次年度も更に、広く、深く、新鮮な切り口で海や河川を見直して頂き、魅力ある作品を応募して下さるよう期待したいと思います。


推 薦 (近畿運輸局長賞)

ようこそ‼訪日観光へ 脇森 茂隆(大阪府)

「豪華客船が停泊する岸壁。昨今、観光客ブームで賑わう港の状況を的確に捉えています。バスの車体に映った客船の歪んだ画像も面白い」


特 選 (大阪府知事賞)

道頓堀エレジー 吉村 誠(奈良県)

「以前は、澱んだ汚水で満ちていた道頓堀。美しく華やかな憩いの場として、若者の町に変身した現況を捉えています。」


特 選 (大阪市長賞)

爽快、港の見晴らしスポットより 松村 光祥(大阪府)

「停泊中の豪華客船を俯瞰で捉えたアングルが新鮮です。上方のサンタマリア号など、港の賑わいを力強く表現しています」